家づくりの特長

CONCEPT & FEATURES

本物の住まいを描くために、
木を厳選します。

「木は優れている。だから木を使っておけば間違いない」という安直な発想は否定したいと思います。

木は生きています。人間と同じような性質や躯体も1本1本が異なります。例えば、「ヒノキ」や「ヒバ材」でも、育った土地によって質は違います。
木造の家は、100年持つと言われていますが、全ての木が長寿の住まいを約束するわけではありません。薬剤を使えば、木は本来の生命力を失います。

長い歳月をこえる住まいをつくるには、人工のものを加えずに使える木を厳選することが必要です。沢野建設工房の木へのこだわりは、すなわち良質の木材を見極め、厳選するこということです。

全国各地で育った良質の木だけを
自らの目で見極め、買い付けます。

私たちは、木材の買い付けを業者任せにはしません。

自分たちの目で、これぞと思う木だけを厳選して仕入れます。木を見極める力を持った職人が全国各地の生産地を訪れ、見て、触れて、選び抜くのです。防蟻処理を必要とするものは、良木とは見なさず、一切使いません。

北陸の気候風土に慣らすために、
自社工場で木を寝かせます。

買い付けた木材は、自社工場で天然乾燥します。
全国から集まった木を北陸の気候風土に慣れさせるために、通気の良い環境で数年間「寝かせる」のです。
天然乾燥しながら、1本1本のゆかみや曲がりをチェックし、その生じ方で柱に用いるか、土台に用いるか、あるいは、他の用材に使うかを見極めます。

適材適所に配するための
経験と眼力があります。

沢野建設工房の職人は、“木を見る目”を持っています。
与えられた部材を、マニュアル通りに機械で加工する昨今の技術者には、マネのできない芸当です。

明治に生きた創業者から4代に渡って、受け継がれてきた経験た勘どころ。
木を見極める眼力と適材適所に配する英知が、私たちの本領です。

1本1様のクセを識り、
それぞれの特徴を活かして適材適所

人間と同じように、天然の木には性質(クセ)があります。
反り方や跳ね具合は1本1様。
お腹と背中のように、1本の木でも固い部分と柔らかい部分もあります。真に優れた木造住宅は、その1本1本クセを見抜き適材適所に配してはじめて完成します。

化学品を使った集成材に頼らず、
天然木で頑固な土台や柱をつくります。

私たちが土台や柱に使うのは、「東濃ヒノキ」と「ヒバ材」の無垢材だけです。集成材は一切使いません。木を適所に配置すれば、化学品を使った集成材を用いずとも、天然木で頑固な土台や柱をつくることができるからです。

点と線で支える筋交いから、
面で支える無機質耐力面材へ

沢野建設工房では、筋交いの代わりに非常に高い強度を持ち、防腐性・防蟻性・寸法安定性に優れる無機質耐力面材を推奨しています。また、透湿性にも優れているため、湿気が壁内部にこもることを防ぎ、建物の耐久性を向上させます。

シロアリから末永く住まいを守る。
その命題に、真摯に向き合った結論です。

シロアリは住まいの天敵です。何かしらの防蟻対策をしなければ住まいは長持ちしません。
しかし、私たちは、「シロアリから住まいを守るために薬剤処理しましょう」という世間の風潮には賛同しかねます。
防蟻処理薬剤の効果は、せいぜい5~6年。末永く住まうための特効薬には成りえません。また、薬剤処理した材料は、シックハウス症候群の原因になります。「木の持つ本来の生命力を低下させる薬品・化学品は使わない」という沢野建設工房の理念からしても、薬剤処理による安直な防蟻対策は一切しません。

時代は流れても、原点は変わらない。

プレカット工法の普及により、木材建築の現場では大幅な効率化が図られました。しかし、その影で墨付けも知らず、木質も見極められない技術者が増えてきています。沢野建設工房では、そうした時代を憂えます。私たちは、職人自ら墨付けを行い、木を加工します。私たちは、「職人技」による真の住まいづくりを続けています。

守り、学び、進化させながら
100年の歳月を超えた在来軸組工法。

沢野建設工房の在来軸組工法は、100年以上の歴史があります。
明治時代から培ってきたこの工法は、それぞれの時代に生まれた最新技術の優れた部分を採り入れながら進化させてきました。
職人一人ひとりの身体には、1世紀かけて蓄積してきたノウハウと技巧が染みついています。

1棟1棟を丹念につくるため、
施工数は「職人の目の届く範囲」で

伝統工芸やアートと同じように、住まいもまたやみくもに量産できるものではありません。職人の手で、こだわりながらつくるには数が限られます。沢野建設工房は、年間に手掛ける棟数をある程度制限しています。その数は「職人の目の届く範囲」に定めています。住まいは、お客様にとって一生に一度の買い物。
余りのある数を抱えて仕事をおろそかにすることは、お客様に失礼だと考えています。

防虫・抗菌効果のある成分を含んだ
「ヒノキ」と「ヒバ」にこだわる。

沢野建設工房は、土台や柱材に「ヒノキ」と「ヒバ」の無垢材以外は使いません。
「ヒノキ」と「ヒバ」の精油には、「ヒノキチオール」という防虫・抗菌効果の高い成分が含まれていて、シロアリに対して強い効果を発揮します。
その優れた特性は、例えばヒノキ造りの法隆寺が約1300年の歳月を越えて現存していることことからも伺えます。また、私たちは、土台と基礎の間にシロアリ繁殖の原因となる湿気をためないよう、基礎を一般より高く設定。パッキン工法についても通常より厚みを持たせ、床下の換気性を良くしています。

次は「沢野からのお約束」へ