沢野建設工房
ホーム サイトマップ お問い合わせ アクセスマップ
 HOMEゼロへの念想いビニールクロスは使いません!

ビニールクロスを使わず、自然の無垢板使用でシックハウス対策まで!

ビニールクロスとは、ポリ塩化ビニール樹脂をシート状にし、表面に型押しやプリント加工などを施した内装用の壁紙のことです。

様々なデザインに加工しやすく短期間で安価に施工できることから、壁・天井の内装仕上げ材の主流となっています。

しかし、家全体にビニールクロスを貼った家は、目がチカチカしたり気分が悪くなるなど、シックハウスになりやすいことも知られています。

私たちも昔はビニールクロスを使っていたこともありましたが、試験的にエコクロスとビニールクロスを並べて、いろいろなご家族にニオイを嗅ぎ比べてもらったところ、半数近くの方がビニールクロスのニオイを不快なものと感じ、中には拒否反応を示すご家族もいました。

私たちが建てた家に住んでいただくご家族には、アレルギーの方だけでなく生まれたばかりの赤ちゃんや一日中家にいるお年寄りもいらっしゃいます。

「どのような方が住むにしても、少しでも安心して生活してもらいたい」と考えた私たちは、コスト的には不利になるのを承知で、ビニールクロスを一切使わないことにしたのです。

私たちが提案する内装には、自然の無垢板がふんだんに使われています。床のフローリングだけでなく壁や天井、内装用のドアにも、自然の風合い豊かな天然の無垢材を使っています。

▲ひのきの内装引戸

無垢材を内容材に使う利点

自然の無垢材を内装材に使う利点を挙げてみました。みなさんが考えている以上に多いのではないでしょうか?


 ● 目に優しいので目が疲れにくい。
 ● 自然の芳香が豊かで、気持ちを鎮め気分を爽快にさせる。
 ● 室内の温度・湿度を適度に調整するので、結露を防ぎカビを抑制してくれる。
 ● 音の響き方が耳に優しいので穏やかな気持ちになれる。
 ● 温もりのある手触りが心地よく、情緒的にも安定する。
 ● 内装の表情が豊かになる。
 ● はがれる心配もなく長持ちする。

小学校・保育園・幼稚園など公共の施設でも、無垢材使用増加!

最近は内装に無垢材を多く使うことで、インフルエンザにかかりにくくなったり情緒的にも安定することがわかってきたこともあり、小学校・保育園・幼稚園など公共の施設でも、積極的に無垢材を内装に使うケースが増えてきました。

塗り壁でホルムアルデヒドを吸着効果

また、白く見せたい壁には、けいそう土などの塗り壁を提案しています。けいそう土の利点は無垢材と同様に調湿効果があり、家具の塗料などから放出されるホルムアルデヒドを吸着してくれることです。

また、同じ白色でもビニールクロスのような攻撃的な白さではなく、目に優しい白さで落ち着いた白色です。

コスト的な理由で塗り壁や羽目板が使えない家であっても、ニオイが非常に少ないオレフィン系のエコクロスや自然素材系のエコクロスも少しずつ増えています。

それらを組み合わせることで現状よりも確実に安全な室内環境を作ることができます。

▲無垢材とけいそう土の内装
<<前の記事はこちら   >>次の記事はこちら
ゼロへの念想い
 
ゼロへの念想い