沢野建設工房
ホーム サイトマップ お問い合わせ アクセスマップ
 HOME>木の話

コラム
米スギ(ウエスタンレッドシーダー)
 
「米 スギは、カナダのロッキー山脈北部と太平洋岸北西部で産出される、ヒノキ科ネズコ属の針葉樹です。樹高は50m以上、直径は1m以上にもなる大木で、木目の柔らかさや節の美しさ等、建築材の中でも最高級の材質を持ち、非常に耐久力があり腐りにくいことでも有名です。

米スギから漂う気持ちよい芳香は、昆虫やその他の害虫を防いでくれます。また心材の割合が多く、防腐・防虫効果の高いフェノールを多く含んでいるため、人工的な防腐処理を施さなくても極めて高いの耐久力があります。そのため和風住宅においては、その耐久性の高さから、外部の端隠しや破風版にも使われているほどです。
製品としても、木目が美しく色は変化に富み、樹脂がなく木目の美しさと共に、内観を魅力的なものにしています。

カナダ沿岸地方に住む先住民たちは、米スギを「生命の木」として崇め、種族の象徴であるトーテムポールを作りました。また家屋やカヌーなど生活のあらゆる部分に活用するなど、まさに「生命の木」として長く愛されてきました。

現代のアメリカでも、最高級の内外装材として重宝され、羽目板や外張り、屋根板として多く使用されている木材です。その質感の高さから当社のモデル住宅にも、天井の化粧板や内装用の造作扉として、美しいインテリアを彩っています。

※写真は、米スギを使った当社オリジナルの内装扉です。やわらかくて温もりのある自然な手触りと、ほのかに漂う芳香、シックなデザインでとても人気があります。


 
の話-リスト
 
 
木の話
木の家づくり|スタッフブログ Facebook公式ページへ 北安田モデル 優良工務店の会|JAHO 財団法人住宅産業研修財団 工務店サポートセンター 大工育成塾 国家プロジェクトで職人養成 石川県木造住宅協会