HOMEコラム>コラム 第15回:住まいのお手入れ 「畳にカビが生えて困っています。」

 

 

 
年、梅雨を過ぎた頃になると、和室の畳にカビが生えたとお電話をいただくことが増えてきます。
  特に畳表が新品の場合に生えることが多いようです。天然イ草の畳表は呼吸する性質を持っていますが、高湿度の環境が続くと、どんどん湿気を吸収してしまいます。特に新しい畳表ほど湿気を吸収しやすいので、新しい畳(畳表)ほどカビが繁殖しやすくなるのです。
 
  参考までに、畳にカビが生えやすい条件を以下に挙げてみました。
・ 梅雨から夏にかけて多湿で高温な年である。
・ 和室をいつも締め切っている。
・ 風通しと日当たりが悪い。
・ タンスなどを多く置いている。
・ 新しい畳の上に何か敷物をしている。等々
 
  みなさまにも思い当たる節があるのではないでしょうか?
 
  カビを生えにくくする方法は、やはり定期的な掃除と、晴れた日の風通しです。特に梅雨時期に入る前から(室温がカビが繁殖しやすい温度になってくる)カビのえさとなるホコリを取り除き、窓を開けて湿気を追い出してあげましょう。また、梅雨時期になってくると、窓を開けられなくなりますので、その場合はエアコンや除湿機で湿気を効果的に取り除いてください。和室の湿度が60%以下になると、カビの繁殖をかなり抑えることができます。
 
  万一、カビが発生した場合の対処法ですが、お天気の良い日に窓を開けて、畳の目に沿って掃除機をかけた上で乾拭きをしてください。1回ではなかなか取れないと思いますので、これを数回繰り返してください。但し、この方法はあくまで表面的なカビの場合の対処法なので、あまりにもカビがひどい場合は、専門の業者さんや住宅会社さんに相談した方がよいでしょう。
 
  カビは表面的な醜さだけでなく、ダニやハウスダストと同じようにアレルギーや病気の原因にもなりますので、積極的に換気や除湿を心がけてください。

 

 

 
前のコラムへ 次のコラムへ
 

 

 
No.
分野 コラムタイトル
 
第1回
気候風土と住宅 「無垢材の柱と集成材の柱ではどっちがいいの?」
 
第2回
災害・事件など 「備えあれば憂いなし」
 
第3回
気候風土と住宅 「人工乾燥と天然乾燥」
 
第4回
気候風土と住宅 「気候に適した住宅とは?」
 
第5回
注文住宅の設計 「ふつうの家」
 
第6回
建築用語 「あいさつ回り」
 
第7回
建築用語 「坪単価」
 
第8回
住まいのお手入れ 「シロアリ対策」
 
第9回
建築用語 「アフターメンテナンス」
 
第10回
気候風土と住宅 「暖房器具」
 
第11回
建築用語 「プレカットと手加工」
 
第12回
注文住宅の設計 「インターネットの情報収集」
 
第13回
災害・事件など 「悪いのは設計士だけでしょうか?」
 
第14回
建築用語 「地鎮祭」
 
第15回
住まいのお手入れ 「畳にカビが生えて困っています。」
 
第16回
住宅に関わる税金 「相続時精算課税」
 
第17回
気候風土と住宅 「建築中の住宅展」
 
第18回
災害・事件など 「壁の配置とバランス」
 
第19回
住まいのお手入れ 「結露」
 
第20回
建築用語 「Low−eガラス」
 
第21回
住まいのお手入れ 「お風呂の床を乾かしたい。」
 
第22回
注文住宅の設計 「TVをどこに置けばいいの?」
 
第23回
注文住宅の設計 「家作りをどこに依頼するか?」 その1.設計事務所編
 
前のコラムへ 次のコラムへ

 

 

 

 

 

沢野建設工房公式ブログ 沢野建設工房公式Facebookページへ 端材をお分けします。 北安田モデル
 
優良工務店の会 工務店サポートセンター 大工育成塾 石川県木造住宅協会
 
 
 
  Copyright 2011 by Sawano Co. All Rights Reserved.  株式会社沢野建設工房  
 

〒929-1122 石川県かほく市七窪ホ5-1 

  TEL 076-283-3360  FAX 076-283-8266