HOMEコラム>コラム 第6回:建築用語 「あいさつ回り」

 

 

 
たちが工事に入る時に気をつけることはいくつかありますが
   
  重要なことの一つがご近所への配慮です。特に、向こう3軒・両隣・真後ろの家は間違いなく私たちの工事によって少なからず影響を受けるため、丁寧にあいさつを行います。
 
  以前、着工前のあいさつ回りをしていた時に聞いたお話です。すぐ近くで名の知れた施工業者さんが新築工事を行っていたそうですが、事前のあいさつ回りもなくいきなり工事に取りかかったそうです。それだけで済めばよかったのですが、その後の状況があまりにひどくてあきれかえったそうです。例を挙げますと、工事車両が他人の家の駐車スペースに勝手に駐車してあった、車庫の前に何の断りもなく駐車してあったため出かけられなかった、勝手に他人の敷地に入って作業を続けた、道路に砂をまき散らして掃除もしない、たばこの吸い殻や空き缶などを側溝に捨てていく等々。
 
  建て替えの場合など、すでに近隣の方々とご近所つきあいがある場合でもしこりを残すことがあるのに、これから新しく入居する場合などこれまで近隣関係がなかった場合は、これは大きなマイナスのスタートとなってしまいます。もちろん新しく入居される方は何もしていないのですが、入居以前に施工業者によってなされたよくない振る舞いは間違いなく近隣の方々のイメージを悪くし、全く関係のない入居者との心理的な距離を無意識の内に広げることになってしまいます。
しかし、逆に施工業者がご近所の方々への気配りをしながら工事を進めた場合は、ご近所の方々もその現場に親しみを持ち、新しく入居される御客様を快く迎え入れることになるでしょう。

 
  施工業者がその現場にいる期間は住宅新築の場合でもせいぜい数ヶ月です。しかし入居される御客様は何十年とそこに住み続け、ご近所づきあいを続けなければなりません。近隣関係に問題が出てきてやむを得ず引越をせざるを得なくなることも全くない話ではありません。そんな御客様の立場を考え、少しでも気持ちよく近隣の方々に受け入れてもらえるように、私たちは着工前のあいさつ回りを含め工事期間中に数回のあいさつ回りと道路の掃除、近隣の方々へのあいさつや案 内を徹底しております。
 
  車のように工場で完成されたものを購入するのと違い、住宅新築やリフォームの場合はその場所で一定の期間は工事をすることになりますので、どうしても近隣の方々に迷惑を掛けることになると思います。それでも近隣のみなさまの心中を察して配慮していく姿勢が、今後の建築業界全体に求められているのではないでしょうか。

 

 

 
前のコラムへ 次のコラムへ

 

 
No.
分野 コラムタイトル
 
第1回
気候風土と住宅 「無垢材の柱と集成材の柱ではどっちがいいの?」
 
第2回
災害・事件など 「備えあれば憂いなし」
 
第3回
気候風土と住宅 「人工乾燥と天然乾燥」
 
第4回
気候風土と住宅 「気候に適した住宅とは?」
 
第5回
注文住宅の設計 「ふつうの家」
 
第6回
建築用語 「あいさつ回り」
 
第7回
建築用語 「坪単価」
 
第8回
住まいのお手入れ 「シロアリ対策」
 
第9回
建築用語 「アフターメンテナンス」
 
第10回
気候風土と住宅 「暖房器具」
 
第11回
建築用語 「プレカットと手加工」
 
第12回
注文住宅の設計 「インターネットの情報収集」
 
第13回
災害・事件など 「悪いのは設計士だけでしょうか?」
 
第14回
建築用語 「地鎮祭」
 
第15回
住まいのお手入れ 「畳にカビが生えて困っています。」
 
第16回
住宅に関わる税金 「相続時精算課税」
 
第17回
気候風土と住宅 「建築中の住宅展」
 
第18回
災害・事件など 「壁の配置とバランス」
 
第19回
住まいのお手入れ 「結露」
 
第20回
建築用語 「Low−eガラス」
 
第21回
住まいのお手入れ 「お風呂の床を乾かしたい。」
 
第22回
注文住宅の設計 「TVをどこに置けばいいの?」
 
第23回
注文住宅の設計 「家作りをどこに依頼するか?」 その1.設計事務所編
 
前のコラムへ 次のコラムへ

 

 

 

 

 

沢野建設工房公式ブログ 沢野建設工房公式Facebookページへ 端材をお分けします。 北安田モデル
 
優良工務店の会 工務店サポートセンター 大工育成塾 石川県木造住宅協会
 
 
 
  Copyright 2011 by Sawano Co. All Rights Reserved.  株式会社沢野建設工房  
 

〒929-1122 石川県かほく市七窪ホ5-1 

  TEL 076-283-3360  FAX 076-283-8266