HOMEコラム>コラム 第4回:気候風土と住宅 「気候に適した住宅とは?」

 

 

 
本は南北約3000kmに渡って細長い形状の島国であり、
   
  さらに黒潮(日本海流)や親潮(千島海流)の影響を受け、山脈・盆地・平野部など様々な要素が複 雑に絡み合うため、その土地によって特有の気候・風土を作り出しています。北海道と九州だけでなく日本海側と太平洋側でも気候が大きく違うのは、皆さんも冬の天気予報などでお気づきだと思います。そのため、その土地によって住宅に求められる性能も異なってくるのは当然といえます。
 
  例えば北海道では、長く寒い冬の期間をいかに快適に過ごすかに重点を置きますが、夏の蒸し暑さ・湿度・台風に対してはあまり影響はないといえます。これが九州南部になりますと、凍害の心配をする必要が全くない代わりに、夏の蒸し暑さと台風に対しては十分に考慮しなければなりません。それでは本州であれば気候が似ているというわけでもなく、特に冬場では日本海側は日照時間も短く湿った雪が降りますし、太平洋側は晴天の日が続きますが湿度が極端に低い過乾燥になります。
 
  私たちの地元石川県では、年間を通じて降水量が多いこともあって、夏はたいへん蒸し暑く冬は湿った雪が降ります。また年間の日照時間も太平洋側に比べて少ないという特徴を持っています。年間を通じて湿度が高いため、関東地方のように過乾燥になることはまずありませんが、夏場でも床下で結露が起こることもあります。一方、山間部を除けば冬の最低気温が氷点下になる日はほとんどないので凍害の影響は比較的少ないですが、北陸特有の重たい雪が屋根に悪影響を与えます。
 
  石川県で家を建てる際に気を付けることは、何よりも年間を通じての湿気対策、特に窓ガラスに付着する目に見える結露ではなく、壁体内結露や夏場に起こりや すい床下結露の対策です。この対策が不十分だとシロアリを引き寄せ、躯体を腐らせる腐朽菌を繁殖させて家の耐久性を著しく損なうことになります。そこで基 礎高を高めに設定し土台の通気をよくする工夫が大前提となります。
また、冬場の日照時間の短さをカバーするために開口部の数と面積を多くした方がよいでしょう。夏の蒸し暑さを少しでも避けるために、そして長雨から外壁を守るためにも、軒の出は大きくするべきです。しかし軒の出を大きくすると、北陸特有の 重たい積雪によって屋根が傷みやすいため、屋根を瓦にしたり屋根を支える構造材を丈夫にする必要があります。

 
  住宅の性能を説明するために、「北海道と同じ断熱仕様にしました。」とか「北欧と同じ工法にしました。」という宣伝文句を聞くこともありますが、それではその土地の気候風土を無視しているようなものです。住宅とは、その土地の気候風土をしっかりと研究した上でのトータル性能が求められなければならないのです。気候の違うところから単純にノウハウだけを取り入れても、耐久性を大きく損なうだけでなく不快な家を建ててしまう危険性もあります。住宅を建てる場合あるいは直す場合も、その土地で実績があり、その地域の気候風土をよく研究している施工会社に依頼した方がよいと思います。

 

 

 
前のコラムへ 次のコラムへ

 

 
No.
分野 コラムタイトル
 
第1回
気候風土と住宅 「無垢材の柱と集成材の柱ではどっちがいいの?」
 
第2回
災害・事件など 「備えあれば憂いなし」
 
第3回
気候風土と住宅 「人工乾燥と天然乾燥」
 
第4回
気候風土と住宅 「気候に適した住宅とは?」
 
第5回
注文住宅の設計 「ふつうの家」
 
第6回
建築用語 「あいさつ回り」
 
第7回
建築用語 「坪単価」
 
第8回
住まいのお手入れ 「シロアリ対策」
 
第9回
建築用語 「アフターメンテナンス」
 
第10回
気候風土と住宅 「暖房器具」
 
第11回
建築用語 「プレカットと手加工」
 
第12回
注文住宅の設計 「インターネットの情報収集」
 
第13回
災害・事件など 「悪いのは設計士だけでしょうか?」
 
第14回
建築用語 「地鎮祭」
 
第15回
住まいのお手入れ 「畳にカビが生えて困っています。」
 
第16回
住宅に関わる税金 「相続時精算課税」
 
第17回
気候風土と住宅 「建築中の住宅展」
 
第18回
災害・事件など 「壁の配置とバランス」
 
第19回
住まいのお手入れ 「結露」
 
第20回
建築用語 「Low−eガラス」
 
第21回
住まいのお手入れ 「お風呂の床を乾かしたい。」
 
第22回
注文住宅の設計 「TVをどこに置けばいいの?」
 
第23回
注文住宅の設計 「家作りをどこに依頼するか?」 その1.設計事務所編
 
前のコラムへ 次のコラムへ
 

 

 

 

沢野建設工房公式ブログ 沢野建設工房公式Facebookページへ 端材をお分けします。 北安田モデル
 
優良工務店の会 工務店サポートセンター 大工育成塾 石川県木造住宅協会
 
 
 
  Copyright 2011 by Sawano Co. All Rights Reserved.  株式会社沢野建設工房  
 

〒929-1122 石川県かほく市七窪ホ5-1 

  TEL 076-283-3360  FAX 076-283-8266